友達と 楽しく生きる 夢描き
一般社団法人 新潟県レクリエーション協会
TEL:025-287-8709
受付時間:9:00~17:00(平日)

レク資格の取得

新潟県レクリエーション協会は、スポーツ振興くじ助成を活用し、レクリエーションの公認指導者の養成講座「スポーツ・レクリエーションスクール」を開催し、幅広い分野で活躍できる指導者を養成しています。このスクールでしか学べない知識と技術を習得し、さまざまなフィールドでの活躍を目指しましょう。

取得できる資格の種類

スクールにはA~Cの3つのコースがあります。
レクリエーション・スクールンフレット」(7/26 曜日修正のため差し替えしています)
受講申込書

公益財団法人日本レクリエーション協会公認指導者資格A レクリエーション・インストラクター養成コース
B スポーツ・レクリエーション指導者養成コース
一般社団法人新潟県レクリエーション協会公認指導者資格C チャレンジ・スポーツ指導者養成コース

A レクリエーション・インストラクター養成コース

ゲームや歌、集団遊び、スポーツといったアクティビティを効果的に活用し、「集団をリードする」「コミュニケーションを促進する」「楽しい空間をつくる」など、対象や目的に合わせてプログラムを企画・展開できる指導者です。

(活躍フィールド)
介護福祉士 社会福祉士 ケアマネージャー 学校教諭 ホームペルパー 社会福祉施設職員 スポーツ指導者 保育士・幼稚園教諭 学童保育支援員 茶の間支援員 ボランティアなど

B スポーツ・レクリエーション指導者養成コース

スポーツを活用したレクリエーション活動を通じて、日頃運動に親しんでいない人たちを含め、だれもがスポーツ・レクリエーションを継続的に楽しめる場をクリエイトする指導者です。

(活躍フィールド)
スポーツ指導者 総合型スポーツクラブ関係者 保育士・幼稚園教諭 学校教諭 スポーツボランティア 学童保育支援員など

C チャレンジ・スポーツ指導者養成コース

新潟県レクリエーション協会独自の資格取得のコースです。
上記のインストラクターやスポーツ・レクリエーション指導者には「今一歩踏み出せない」といった方にお勧めです。
学んだ技術は、全て公益財団法人日本レクリエーション協会の資格単位として活かすことができます。

各コース資格取得に向けた学習時間と流れ

Aコース、Bコースの学習課程は全60時間、(内9時間は現場実習)です。

 AコースとBコースの講習会・・・・・受講(51時間) 現場実習(9時間)

 講習会受講後の資格認定試験

 資格認定審査会・・・・・2月予定

 資格認定・・・・・審査会合格後、日本レクリエーション協会へ公認及び登録手続き

日本レクリエーション協会ホームページに資格取得までの詳細が掲載されています。こちらもご確認ください。
日本レクリエーション協会 公認指導者WEB

Cコースの学習内容は1種目3時間です。

レクリエーションスクールのパンフレットを確認頂くか、当協会までお問い合わせ下さい。(7/26 曜日修正のため差し替えしています)

開催日程・会場

A レクリエーション・インストラクター養成コース

令和3年は2会場で開催予定です。(1会場でインストラクターの資格が取得できる日程となっています:別途現場実習あり)
上越会場:上越市カルチャーセンター

会 場期 日時間講 座 内 容
上越市
カルチャーセンター
7月22日(祝)1.5
1.5
1.5
1.5
学校でのレクリエーション
レクリエーションダンスの習得
個々の活動(体操競技)
幼児の運動あそび
上越市
カルチャーセンター
7月25日(日)
1.5
1.5
1.5
1.5
開講式 オリエンテーション
レクリエーションって何ですか
アイスブレイキングの理論
アイスブレイキングで楽しく
アイスブレイキングの効果を高めて集団づくり
上越市
カルチャーセンター
7月31日(土)1.5
1.5
1.5
1.5
地域のきづなづくりとレクリエーション
ホスピタリティの理論
ホスピタリティって何ですか
気持ちをひとつにするコミュニケーション技術
上越市
カルチャーセンター
8月 1日(日)1.5
1.5
1.5
1.5
楽しさを通して学ぶ心と体の元気
自主的・主体的に楽しむ力を育む理論
楽しむ力を高める目標設定の方法
レク活動を対象者にあわせるアレンジ
上越市
カルチャーセンター
8月 7日(土)1.5
1.5
1.5
1.5
対象者の相互作用を促進するコミュニケーション技術(成功体験)
対象者の相互作用を促進するコミュニケーション技術(CSSプロセス)
高齢者を対象として実践的なプログラム
楽しむための安全への配慮と工夫
上越市
カルチャーセンター
8月8日(日)1.5
1.5
3.0
子どもを対象とした実践的なプログラム
レクリエーションプログラムの作成 プログラム作成課題
レク式体力チェック
上越市
カルチャーセンター
8月28日(土)1.5
1.5
1.5
1.5
レクゲームで広がる世界の体験
歌を活かしての活動の体験
チャレンジ・ザ・ゲーム
レクリエーション・スポーツ
上越市
カルチャーセンター
8月29日(日)1.5
1.5
3.0
クラフトを楽しもう
クッブ
課題発表 実践演習
閉講式 修了式

新潟・下越会場:新潟県健康づくり・医科学センター JAPANサッカーカレッジ 新潟県少年自然の家(胎内市)

会 場期 日時間 講 座 内 容
新潟県健康づくり
医科学センター
10月30日(土)1.5
1.5
1.5
1.5
レクリエーションとは
信頼関係づくりの方法
良好な集団づくりの方法
ホスピタリティ アイスブレイキング
新潟県健康づくり
医科学センター
10月31日(日)3.0
1.5
1.5
コミュニケーション技術
安全管理の基礎 
楽しむための安全への配慮と工夫
新潟県少年自然の家11月 3日(祝水)
1.5
1.5
1.5
1.5
開講式 オリエンテーション
楽しさを通して学ぶ心と体の元気
地域のきづなづくりとレクリエーション
アイスブレイキングの理論
アイスブレイキングで楽しく
新潟県少年自然の家 11月13日(土)1.5
1.5
1.5
1.5
自主的・主体的に楽しむ力を育む理論
楽しむ力を高める目標設定の方法
レク活動を対象者にあわせるアレンジ
対象者の相互作用を促進するコミュニケーション技術(CSSプロセス)
新潟県少年自然の家11月14日(日)1.5
1.5
3.0
高齢者を対象とした実践的なプログラム
レクリエーションプログラムの作成 プログラム作成課題(自宅学習)
レク式体力チェック
新潟県少年自然の家11月27日(土)3.0
3.0
野外活動
子どもを対象とした実践的なプログラム
新潟県少年自然の家11月28日(日)1.5
1.5
1.5
1.5
障がい者支援とは
クラフトを楽しもう
レクリエーションダンス
個々の活動
JAPAN
サッカー カレッジ
12月 4日(土)1.5
1.5
3.0
チャレンジ・ザ・ゲーム
ポールウォーキング
課題発表 実践演習
閉講式 修了式

B スポーツ・レクリエーション指導者養成コース

会 場期 日時 間 講 座 内 容
新潟県健康づくり
医科学センター
 8月21日(土) 
1.5
1.5
3.0
開講式 オリエンテーション
スポーツ・レクリエーションとは?
スポーツ未実施者の現状、掘起し必要性・手法
レク式体力チェック
新潟ふれ愛プラザ8月22日(日)1.5
1.5
1.5
1.5
1.5
プログラミング化する方法 プログラム立案(課題作成)
自主的、主体的に楽しむ力を育むスポレク活動の展開法1
スポーツ未実施者を引き込む手法
スポーツ未実施者を引き込む指導法 チャレンジ・ザ・ゲーム
スポーツ未実施者を引き込む指導法 スポーツ・レク
新潟県少年自然の家9月20日(祝月)1.5
1.5
1.5
1.5
コミュニケーションを深める展開方法1 
スポーツ・レク コミュニケーションを深める展開方法2 ソング
効果の高い実施方法1
効果の高い実施方法2
新潟県健康づくり
医科学センター
9月26日(日)1.5
1.5
1.5
1.5
スポレク継続の場づくり 必要性~継続させる
スポレク心理学 高齢期の心理的特徴~求められる運動
スポレクの効果を理解し意欲を高める指導法1
スポレクの効果を理解し意欲を高める指導法2
新潟ふれ愛プラザ10月2日(土)1.5
1.5
1.5
1.5
スポレク基本法~地域資源の活用方法
障がい者支援とは 高齢者の身体~運動効果ポイント
運動・健康づくりについて
新潟県健康づくり
医科学センター
10月3日(日)3.0
3.0
スポーツ未実施者参加促進法 演習 
実技演習 課題発表
新潟県健康づくり
医科学センター
10月30日(土)3.0
3.0
レクリエーション、スポーツレクリエーションとは?
信頼関係づくりの方法 良好な集団づくりの方法
ホスピタリティ アイスブレイキング
新潟県健康づくり
医科学センター
10月31日(日)3.0
3.0
コミュニケーション技術 安全管理の基礎 
楽しむための安全への配慮と工夫
閉講式 修了式

C チャレンジ・スポーツ指導者養成コース

会 場期 日時 間内 容
上越市5月22日(土)9:00~12:00ポールウォーキング普及指導員 
新潟市5月29日(土)
10月23日(土)
9:00~12:00ポールウォーキング普及指導員
新潟市6月 5日(土)9:00~12:00クッブ普及指導員
新潟市10月30日(土)
10月31日(日)
9:30~12:30
13:30~16:30
アイスブレイキング
コミュニケーションワーク
未定ふうせんバレー普及指導員
未定幼児運動あそび普及指導員
未定アタック・ファイブ普及指導員
未定チャレンジザゲーム普及指導員
受講料

A:レクリエーションインストラクター養成コース
B:スポーツ・レクリエーション指導者養成コース
 ・全講習受講(8日間) 各20,000円(テキスト、学習支援運営費含む)
   学割制度 15,000円(高校・大学・専修の学生)
 ・単位のみ受講(1単位)1,000円
 ・教員免許状更新講習修了者受講 13,000円(33単位)
   新潟県主催 教員免許状更新講習受講者(予定者)
C:チャレンジ・スポーツ指導者養成コース
 ・一般 2,000円
 ・レク有資格者 1,000円

 一部のみ掲載しております。要項に詳細を記載していますのでご確認ください。

※ 納入した受講料は、返金いたしません。 但し、途中で受講できなくなった場合、翌年1年は有効となります。
  やむを得ず都合つかない場合は、次年度の受講となりますのでご相談ください。
※ 資格取得には他に選考試験受験料1,000円(税別)
  日本レクリエーション協会への登録料16,000円(税別)が必要です

申込方法

ホームページから受講申込書をダウンロードし、お申込みください。申込書を新潟県レク協会まで、郵送、メール又はFAXにてご連絡ください。
電話・FAX・メール等で受付ける場合は、申込者名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、職業、受講したいコース(インストラクターは希望会場)をお知らせください。頂いた内容を確認し、折り返し電話、もしくはメールにてご連絡いたします。